内外情勢調査会とは

一般社団法人内外情勢調査会は、公正な世論の醸成を目的に、報道機関の株式会社時事通信社の関連団体として、1954年12月に設立されました。
全国各地の企業経営者や諸団体のトップらが会員として入会し、会員への講演活動や資料提供により、国内外の諸情勢について知識の向上と理解の増進を図っています。
講演会は、全国の会員を参加対象とする全国懇談会と、全国各地域の会員で構成する151カ所の支部での支部懇談会があり、それぞれ年間10回開催、講演会の年間開催回数は1500回超に上ります。
講師には、有力政治家、経済団体首脳、海外主要国の駐日大使、国内各地の自治体首長のほか、政治、経済、国際、防衛、文化などさまざまな分野の著名な専門家を招いています。

会長理事 非常勤 大室 真生
常任理事 常勤 柵木 真也
理事 非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
石原 信雄(元内閣官房副長官)
曽野 綾子
行天 豊雄(元大蔵省財務官)
斉藤 邦彦(元駐米大使)
小島 邦夫(元日銀理事)
國松 孝次(元警察庁長官)
渡邊 祐司
監事 非常勤
非常勤
河上 信彦(元税務大学校長)
小松 俊樹
顧問 非常勤
非常勤
非常勤
非常勤
山田 啓二
小林 喜光
三村 明夫
西澤 豊

※氏名の後ろの括弧内は最終官職