支部懇談会開催報告

一覧へ戻る

【和歌山支部】地震や医療の対策紹介―仁坂和歌山知事

2015.4.16

  和歌山県の仁坂吉伸知事は4月15日、和歌山市内で開かれた内外情勢調査会で「平成27年度の新政策」と題して講演した。南海トラフ巨大地震対策や医療体制の整備、企業支援など一連の施策を紹介した。
  巨大地震対策では、堤防のかさ上げのほか、住宅の耐震化費用に対する補助の上積みといった取り組みを強調。地震発生と同時に津波の高さを計算しエリアメールで住民に知らせる独自システムについて説明した。
  医療に関しては、介護施設の増床に加え、在宅サービスの充実の必要性を訴えた。企業支援では、創業や技術革新、販路開拓などさまざまなニーズに対応する制度があることを紹介。「やる気のある企業にどんどん活用してもらい伸びていってほしい」と呼び掛けた。
 この他、知事は政府が進める地方創生について「お金のばらまき。だが、それが県や市町村の力になるかはわれわれの問題だ。お金を使って力が出れば良い」と話し、機会を積極活用する考えを示した。(了)