支部懇談会開催報告

一覧へ戻る

ピンク色で「明るく、元気出す」=内外情勢調査会で講演―平井鳥取知事

2016.5.27

 鳥取県の平井伸治知事は5月10日、鳥取市内のホテルで開かれた内外情勢調査会で、「元気づくり展開の年」をテーマに講演した。県内企業がピンク色のしょうゆを販売したり、第三セクターの若桜鉄道がピンク色のSLを走らせたりした動きに呼応し、県も「ピンク撮っとり!鳥取フォトコンテスト」を始めたことを紹介。地方創生や観光振興、移住定住の促進に向け、「山陰の地味なイメージを明るく、元気を出していく」と意気込みを語った。

 観光振興に関し、県は島根県とともにDMOを設け、広域観光周遊ルートの設定に取り組んでいる。平井知事は「海外観光客がもっと山陰に入って来られる、そんな時代を引き寄せたい」と強調。県出身の漫画家の作品として「ゲゲゲの鬼太郎」「名探偵コナン」などが有名であることから、「漫画やアニメなども生かせるところだ」と述べた。

 一方、県への移住者数は2015年度、1943人と過去最高を記録した。知事は、さらに増やすためには「地域住民のネットワークが機能し、受け入れ体制がいいこと」「子育て環境の充実」がカギを握ると指摘。16年度は移住者が特典を受けられるメンバーズカードの発行や、シェアハウス活用に関する規制緩和を行うなど、取り組みを強化するとした。

 ただ、知事は「転出者の課題がどうしても残る。ここを何とかしなければいけない」と懸念。転出者を減らすことも重要だとした。

 夏の参院選は島根県との合区で行われるが、知事は「憲法問題も含め、都道府県代表として考えるべきではないか」と力説。衆院選で導入される見通しの新たな定数配分方法「アダムズ方式」については、「県として代表をきちんと確保し、民主主義の中に組み込まれるには比較的いい制度ではないか」と評価した。(了)