お知らせ

鳩山首相があいさつ―時事通信・本会新年互礼会

2010.01.07

時事通信社・本会など主催の新年互礼会が6日夕、帝国ホテルで、鳩山由紀夫首相をお迎えし開催されました。
鳩山首相はあいさつで、来年度予算の早期成立に強い意欲を示すとともに雇用対策に全力を挙げる考えを強調しました。
時事通信社の配信記事は下記の通りです。

近く、鳩山首相のあいさつなど新年互礼会の模様や出席講師の先生方へのインタビューを収録した動画をアップします。
ご期待ください。

なお、鳩山首相のあいさつは時事通信社のニュースサイト「www.jiji.com」(時事ドットコム・トップページの「動画」)で
どなた様も閲覧することができます。

【時事通信社配信】2010/01/06-18:36
鳩山首相、予算早期成立に意欲=雇用対策にも全力−時事互礼会
 鳩山由紀夫首相は6日夕、都内のホテルで開かれた時事通信社(中田正博社長)など
主催の新年互礼会であいさつし、2009年度第2次補正予算案と10年度予算案に
ついて「与野党のぎりぎりの議論の中で、国会も機能を果たしていきたい」と述べ、
早期成立に強い意欲を示した。
 また、1日に東京都の「公設派遣村」を視察したことに触れ、「仕事、住む家が
見つからない方がたくさんいる。こういった方々が自立できる道をしっかりと
見いだせるよう後押しができる政府をつくりあげたい」と述べ、雇用対策に全力を
挙げる考えを強調した。
 昨年末に策定した政府の成長戦略の基本方針については「今までは、どうしても
生産者側に偏りすぎる政策が打ち出されていたが、供給サイドではなく、どのような
ニーズがあるかをくみ取った」と語った。 
 一方、藤井裕久財務相の進退問題については言及を避けた。(了)