お知らせ

デフレ解消には成長期待の高まり不可欠=白川日銀総裁―1月全国懇談会

2010.01.29

1月の全国懇談会は29日、ホテルニューオータニで、講師に白川方明日本銀行総裁をお迎えし開催しました。
白川総裁は「最近の金融経済情勢と金融政策運営」と題したご講演で、デフレ解消には「魔法のつえがあるわけではない」と述べるとともに、「成長期待を高めることが不可欠だ」と強調されました。

【時事通信社の配信記事(2010/01/29-17:30)】

デフレ解消、「魔法のつえ」ない=成長期待の高まり不可欠−白川日銀総裁
 
 日銀の白川方明総裁は29日、都内で開かれた内外情勢調査会(会長・中田正博時事通信社長)で講演し、デフレ解消について「魔法のつえがあるわけではない」と述べるとともに、長期にわたる物価低迷の最大の原因は「将来の成長期待が低下している」ことだと指摘した。その上で、問題解決には「(生産性向上などを通じた)成長期待を高めることが不可欠だ」と強調した。
 
 デフレ解消をめぐっては、日銀に一段の金融緩和を求める声が一部にあるが、白川総裁は「いったん金融システム不安の状況を脱却した後は、流動性増加だけでデフレが解消されるわけではない」とけん制。また、物価を体温に例え、「体温だけを人為的に長期間にわたって引き上げるのは不可能」とも述べた。
 
 総裁は、日本経済がデフレを脱却し、持続的な成長を実現するための処方せんとして、新興国・途上国の需要を積極的に取り込むことや、潜在的な需要に対応できる供給体制を整えることを挙げた。 
 
 一方、「(金融危機に対し)日本の金融システムは相対的に安定性を維持したが、この事実は過小評価されている」とも述べ、「気分としての悲観主義ともいうべき傾向が見られる」と日本経済の強みに目を向けない風潮に警鐘を鳴らした。
 
 講演後の質疑応答では、日銀による長期国債の買い取りについて「資金を潤沢に供給する上で、現在の買い入れ金額が最適」と語った。(了)