お知らせ

祝!本会会員3人が受賞―2013年春の褒章

2013.04.28

2013年春の褒章が発表され、3人の本会会員の皆さまが受賞されました。
栄えある受賞を心からお祝い申し上げますとともに、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
受賞されました会員の方々は次の通りです。

【褒 章】
   (支部名) 
黄綬 長 野    滑笆商会 社長 岩野 彰 氏

黄綬 島田榛原  鰹シ浦スチール工業所 代表取締役 松浦 敏郎 氏

黄綬   津     原田土地開発 会長 原田 陽介 氏


◎松任谷由実さんに紫綬=バレエの熊川さんも−春の褒章、女性最多
  政府は4月28日付で、2013年春の褒章受賞者723人と13団体を発表した。学術や芸術の分野で活躍した人を対象とする紫綬褒章は、シンガーソングライターの松任谷由実さん(59)や、バレエダンサーの熊川哲也さん(41)らが受章した。女性は過去最多の194人が受章。全体(団体除く)に占める女性の割合も最高の26.8%となった。29日付で発令される。
  松任谷さんは「ユーミン」の愛称で親しまれ、「春よ、来い」「恋人がサンタクロース」など数多くのヒット曲を世に送り出した。熊川さんは過去に英国ロイヤル・バレエ団の首席ダンサーを務めるなど世界的に活躍、「Kバレエカンパニー」を主宰して旺盛な公演活動を続けていることが評価された。
  紫綬褒章にはこのほか、視覚障害者向けの「ホームページ・リーダー」を開発したIBMフェローの浅川智恵子さん(54)、演出家の栗山民也さん(60)、人形浄瑠璃文楽の三味線演奏家野澤錦糸(本名高次郁)さん(55)らが選ばれた。
  公共分野の発展に貢献した人を対象とする藍綬褒章は、世界初の「後突エアバッグ」開発などで自動車部品製造分野の発展に寄与した若山甫・豊田合成会長(67)らに贈られた。
  受章者の内訳は、紫綬褒章が20人(うち女性4人)、藍綬褒章が489人(同163人)。危険を顧みず人命救助に尽力した人が対象の紅綬褒章は18人(同4人)、慈善活動に取り組んだ個人・団体への緑綬褒章は14人(同11人)と13団体、長年業務に励んだ人への黄綬褒章は182人(同12人)。