お知らせ

【訃報】東京五輪女子バレー金の中村(=旧姓河西)昌枝さんご逝去

2013.10.04

 1964年東京五輪の女子バレーボールで金メダルを獲得し、
「東洋の魔女」と呼ばれた全日本チームの主将、中村昌枝
(なかむら・まさえ、旧姓河西=かさい)さんが3日午前0時
30分、脳出血のため、都内の病院でお亡くなりになりました。
80歳。葬儀は近親者のみで行われます。

謹んでお悔やみ申し上げますとともにご冥福をお祈りいたします。

 中村(河西)さんは6月、本会銀座支部懇談会で「バレーボールと私」と題してご講演。「やらなくちゃ駄目なんだから、じゃどうしてやるかを考えなさい」という心構えや精神力をどうのようにして鍛えたか、「鬼」の大松博文監督のモットー「人間、何をやっても、もうこれでいいというということは死ぬまであり得ない。毎日、毎日が努力であり、挑戦であり、それが生きるということだ」などを披露していただきました。

 そのご講演抄録(PDF)を「全国懇談会動画」の「会報誌『J2TOP』」コーナーに再掲しました。
http://naijyo.or.jp/member/movie/
 
 なお、閲覧は会員専用ページにつきID、パスワードが必要です。「J2TOP」8月〜10月号の最終頁をご覧願います。