お知らせ

安倍首相、経済再生に全力=本会・時事新年互礼会であいさつ

2014.01.08

  本会など時事通信グループは7日、都内・帝国ホテルで安倍晋三首相(自民党総裁)、
長谷川閑史経済同友会代表幹事ら政財界要人をお迎えし、新年互礼会を開催しました。

  安倍首相のあいさつ動画をを下記、時事ドットコムの動画特集でご覧いただくことができます。
  http://www.jiji.com/jc/movie?p=mov092-movie03&rel=y

【2014/1/07時事通信】
◎安倍首相、経済再生に全力=海江田氏「熟議を」−時事互礼会

  安倍晋三首相は7日夕、東京都内のホテルで開かれた時事通信社など主催の新年互礼
会に出席した。首相は24日召集予定の通常国会について「(経済の)好循環を実現する
国会としていきたい」と述べ、経済再生に引き続き全力を挙げる方針を表明。株価上昇など
第2次政権1年目の実績を訴えた上で、「今年は良い意味で期待を裏切っていきたい」と
強調した。

  首相は出席した企業経営者らに今春の賃上げを要請。「賃金上昇がさらなる消費拡大に
つながり、企業の収益はアップし、設備投資にも回っていく経済の好循環を実現できる」と
力説した。女性の積極的な登用も呼び掛け、「日本を輝ける国にしていくため全力を尽くす」
と決意を示した。

  互礼会には民主党の
海江田万里代表ら野党党首も出席。首相はあいさつに先立ち、海江田氏と握手を交わし、
「これでスムーズな国会運営ができるのかなと思う」と冗談交じりに語り、会場を沸かせた。

  ただ、首相の退席後に登壇した海江田氏は、昨年の臨時国会で政府・与党が、野党や
世論の批判が強い特定秘密保護法の成立に突き進んだことを念頭に「熟議を重ねて物事
を決める年にしなければいけない」と指摘。「安倍政権が間違った方向に行くときはしっかり
ブレーキを踏む」と述べ、首相との対決姿勢をにじませた。一方で「良いことをやる時はしっ
かり後押しする」とも語り、抵抗野党に徹する考えのないことを示した。(了)