鋭く、深く。あすを読み解くインテリジェンス

コメントライナーとは、内外情勢調査会の講師陣による署名入り解説記事を毎朝(土日祝祭日、年末年始を除く)FAXやEメールでお届けするサービスです。政治・経済・国際問題など日々の動きをタイムリーに的確にとらえた鋭い短評です。

主な特徴

  • 報道とは一味違った内容。独創的な見方や斬新な視点。あまり知られていない事実で読者の視野を広げます。
    スピーチや談話などにご活用ください。

  • 著名な識者や気鋭の論客。ベテランジャーナリストが執筆。身近な問題から外交戦略まで広範囲をカバー。

  • 1000〜1200字程度で多忙な朝でもさっと一読できます。

  • 特大ニュース発生時には、臨時増刊を発行します。

主な執筆陣

伊藤惇夫(政治アナリスト)、小川 和久(静岡県立大学特任教授)、柯隆(東京財団政策研究所主席研究員)、宮家邦彦(外交評論家)、冷泉彰彦(在米作家)、藻谷浩介(日本総合研究所主席研究員)、武貞秀士(拓殖大学大学院特任教授)、山村武彦(防災・危機管理アドバイザー)、ジェイン・ナカノ(米CSIS 上級研究員)、名越健郎(拓殖大学教授)、黒川伊保子(感性リサーチ代表取締役)
2019年7月現在、以上順不同

サービス内容

  1. 月曜から金曜まで、毎朝8時をめどにご指定のFAXに送信します。土、日、祝日と年末年始は休刊です。

  2. 確実にお手元に届くよう、企業・団体名、部署名、お役職、お名前を印字して送信します。

  3. 体裁はB4版1枚ですが、ご希望により A4版でも送信します。

  4. ご要望により、PDFファイル添付でEメール送信することも可能です。

  5. 月末にその月の「見出し一覧」をお届けします。ご指定記事の再送信も承ります。

  6. 購読料は月額5,000円(税別)です。

索引

2019年10月の記事一覧

1日=「日本が一方的譲歩」はほんとうか・・・中央学院大学教授 中川 淳司
2日=日本の対テロ能力不足を露呈・・・静岡県立大学特任教授 小川 和久
3日=米朝協議と軍事強化を並行・・・拓殖大学大学院客員教授 武貞 秀士
4日=国内統制強化で世界のリーダーめざす・・・東京財団政策研究所主席研究員 柯 隆
7日=トランプ弾劾が盛り上がらない理由・・・在米作家 冷泉 彰彦
8日=「差し押さえ現金化」回避へ知恵を・・・ジャーナリスト 平井 久志
9日=来年のインバウンドは「東京以外」の戦略で・・・時事通信社解説委員長 小林 伸年
10日=消費税引き上げと「軽減格差」・・・第一生命経済研究所首席エコノミスト 熊野 英生
11日=「日本人」とは何か・・・日本総合研究所主席研究員 藻谷 浩介
15日=米国政治とエネルギー産業政策・・・米CSIS上級研究員 ジェイン・ナカノ
16日=「120議席」の意味するもの・・・読売新聞政治部長 伊藤 俊行
16日増刊=トランプ政権の「終わりの始まり」か?・・・外交評論家 宮家 邦彦
17日=「期限」が迫る米朝交渉・・・慶應義塾大学准教授 礒﨑 敦仁
18日=関電疑惑、大阪特捜は動くのか・・・時事通信社解説委員 橋詰 悦荘
21日=米軍シリア撤退が日本に与える教訓・・・笹川平和財団上席研究員 渡部 恒雄
21日増刊=米軍「傭兵化」で信用失墜のトランプ政権・・・東海大学客員教授者 新谷 恵司
23日=「習近平訪日」に絡みつく米中争覇・・・慶應大学SFC研究所上席所員 鈴木 美勝
24日=聞こえ始めた「解散・総選挙」の足音・・・政治アナリスト 伊藤 惇夫
25日=北朝鮮との「無条件対話」変えぬ安倍政権・・・・・時事通信社解説委員 山田 惠資
28日=災害派遣は自衛隊の「主任務の一つ」・・・金沢工業大学虎ノ門大学院教授・元海将 伊藤 俊幸
28日増刊=台風19号で露呈した安全の死角・・・防災・危機管理アドバイザー 山村 武彦
29日=豚肉が異常高騰、中国庶民の暮らし圧迫・・・時事総研客員研究員 信太 謙三
30日=どう考える、変わる「英語教育」・・・NPO法人文字文化協會理事 黒田 信二郎
31日=野党は憲法論議に向き合うとき・・・時事通信社解説委員 藤野 清光


コメントライナーのお申し込み

無料トライアルや購読をご希望の方は下記へご連絡ください。
時事通信社 業務局 業務管理部

FAXを利用してのお申し込みはFAX用紙(PDF)をダウンロードしてご利用ください。