平成30年度事業報告

1.平成31年3月末時点の会員数は6,991人でした。前年同期に比べ20人増加しました。

2.全国の会員を対象とした全国懇談会は、平成30年度中に10回開催しました。講師(肩書は当時)、演題は次の通りです。

日程 講師肩書 講師名 開催地
平成30年
4月12日(木)
ラグビーワールドカップ2019
組織委員会 事務総長
嶋津 昭 氏 東京都
日本代表ヘッドコーチ ジェイミー・ジョセフ氏  
演題:ラグビーワールドカップ2019日本大会の魅力と意義
5月21日(月) 公明党代表 山口 那津男 氏 東京都
演題:国会終盤と今後の重要政治課題
6月29日(金) 日本総研国際戦略研究所
理事長
田中 均 氏 東京都
外交評論家 岡本 行夫 氏  
演題:米朝首脳会談後の世界と日本
7月9日(月) 自民党元幹事長 石破 茂 氏 東京都
演題:日本の課題と針路
8月6日(月) 総務大臣 野田 聖子 氏 東京都
演題:目指すのは「世界標準の国」!
9月11日(火) 駐日中国大使 程 永華 氏 東京都
演題:珍惜机遇,走好中日关系新航程
チャンスを大事に、中日関係の新たな航路を進もう
10月31日(水) ジャーナリスト 池上 彰 氏 東京都
演題:ニュースから世界を読む
11月19日(月) 経団連会長 中西 宏明 氏 東京都
演題: Society 5.0~ともに創造する未来~
平成31年
2月25日(月)
自民党総務会長 加藤 勝信 氏 東京都
演題: 安倍政権6年間の実績と今後の進路
3月20日(水) 駐日ロシア大使 ミハイル・ガルージン氏 東京都

3.全国各支部で開催する支部懇談会には、政治、経済、国際、防衛、文化などのジ ャンルについてそれぞれ講師を派遣するとともに、知事、市長、日銀支店長など現地有力者を講師に招いて開催しました。支部数は前年度末と同じ152で変わりありません。30年度の支部懇談会の総開催回数は1,525回でした。

4.平成30年12月13日に札幌市内で開催された読売新聞社主催の「札幌エグゼクティブセミナー」に協賛しました。札幌地震の復興支援を目的に企画されたものです。

5.月刊会報誌「J2TOP」を毎月、全会員に配布しました。その他、「2018平昌オリンピック・パラリンピック写真集」(時事通信社刊 平成30年4月)、「写真集 思い出の平成皇室」(同 平成31年1月)、「怒る上司のトリセツ」(同 平成31年2月)の3部を購入し、各支部懇談会の出席会員に配布しました。

6.行政機関から委託された「国際情勢に関する資料の作成」業務を、契約通り実施しました。

以上