一般社団法人内外情勢調査会は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識するとともに、不適正な取り扱いにより個人の権益が損なわれることのないよう、「個人情報保護に関する基本方針」を以下の通り定め、順守します。また、個人番号(マイナンバー)を含む特定個人情報についても「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」等を順守して、適切に取り扱います。

個人情報保護に関する基本方針

  1. 個人情報に関する法令等を順守します。
  2. 個人情報は、利用目的を明らかにした上で、適正な手段で取得します。
  3. 個人情報は、明らかにした目的の範囲を超えて利用しません。
  4. 個人情報は、利用目的に必要な範囲内で、正確、最新の内容に保つよう努めます。
  5. 個人情報の漏えい、滅失、毀損(きそん)などがないよう、安全管理のための適切な措置を講じます。
  6. 個人情報の安全管理が図られるよう、職員を適切に監督するとともに、必要な教育、研修を行います。
  7. 個人情報の取り扱いを委託する場合は、適正な保護水準を満たしている者を選定し、安全管理が図られるよう適切な監督をします。
  8. 個人情報は、原則として、本人の同意を得ずに第三者に提供しません。ただし、特定個人情報については、法律で提供が認められた場合を除き、本人の同意の有無にかかわらず、第三者には提供しません。
  9. 自己の個人情報の開示、訂正、追加、削除を求められた場合は、本人であることを確認の上、合理的な範囲内で迅速・適切に対応します。